数多くの方法がある花粉症の民間医療

毎年、毎年、花粉症の人が春になると花粉症の症状に苦しんでいます。
日本国内で主に花粉症に悩んでいる人の大半は杉による花粉症になるのではないかと思います。
杉の次に多いのがヒノキです。
主にこれらの花粉症が多いのですが、花粉症というのは1年中、心配がある疾患でもあります。
中にはお花見で桜のきれいな花の時期に桜の花粉症の人などは
お花見などするのはとんでもないという状況になったりするのです。
このように色々な花粉症に悩む人が日本国内にはたくさんいますがやはり断突で多いのが
杉花粉症になります。

これらの花粉症にはさまざまな民間療法が登場しています。
風邪の民間療法よりも種類が多いので、人によってこの方法は効果があった、
この方法は効果が無かったといった風に違いが出てくるようです。
例えば、一般食品で効果があるといわれたものに関してはヨーグルトや乳酸菌は

テレビでも取り上げられてきていました。
他にもクズやゴボウ、ハッカ、ミョウガ、スイカ、ナシ、柿や干し柿、ゴマ、ユリ根、ピーナッツといった
ものから、山芋やドジョウ、エビ、ワカメ、大根おろし、うどやフキ、カフェイン、ジャガイモ、シナモン、
そしてねぎやにら、にんにく、しょうがといった類にも効果があるといわれています。
食品だけでもかなり品目が挙がっていますので、
花粉症の人はこれらを色々と満遍なく食べてみるのも良いのではないかと思います。
そして、健康食品に関しては、健康食品では代表的は霊芝や花粉症ではかなり有名になった
甜茶、紫蘇、羅漢果、かぼちゃの種、アマランス、クロレラ、にがり、アロマテラピー、エゾウコギ、
シジュウム茶、紅花、パパイヤエキス、花粉飴、杉の葉エキスなどといったたくさんの品目が
挙がっています。

これらを見て、花粉症の人などは既に試したものが名前に挙がっているかもしれませんし、
逆に知らなかったものも挙がっているのかもしれません。
実際にこれらの代替医療にも分類的にははいることになるのですが、
一番利用されている方法としては甜茶が圧倒的に多いのだそうです。
この次にヨーグルトを実施してみたことがあるという人が多かったです。
この2種類が多い意外は漢方薬やしそ、ミントガムやスギ花粉の飴、ハーブ茶、どくだみ茶、
乳酸菌のサプリメントを摂るといった人が多かったようです。

これらの花粉症の民間療法に関してたくさんの種類がありますが、実際に効果があったものが
どれかという調査結果を見たことがあるのですが、意見として一番多かったのは漢方に
なるそうです。利用してみて半数ぐらいの人に効果が感じられたとのことなので、
参考にしてみると良いと思います。次に効果があったという回答は鼻のスチーム療法や
鼻洗浄だったという意見でした。他にも鍼で効果があったという人、そしてシジュウム茶などでも
効果が実感できたとの意見が多かったようです。
これらの意見を参考に、毎年、悩みの種にもなると思いますが、
上手に民間療法を活用して花粉症に対処していくようにするといいと思います。

Comments are closed.