世界には色々な伝統医学があります

伝統医学と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。
伝統医学というのは世界各地にそれぞれ存在しています。
その土地などの固有の伝統医学があるのです。

どういうものが伝統医学と言うものなのか、伝統医学に関する明確な定義はとかは
決められてはいませんが、自然のものを利用した手法があったりします。
それぞれ各地にある文化独特のを持った歴史がある医学といった考えで良いのだと思います。
民族や部族、そして国民や地方などで区切られる人間社会では
何かしらの固有の医学が存在するケースが多いです。

診断法から、治療法、予防法などもそれぞれですが、
場所によって独特な方法で構築されているケースもあります。
こういったものを民族医学と言う呼び方で表現することが出来ます。
こういった民族医学と言われる伝統医学には、漢方医学といった具体的な方法を
構築している医療もありますし、場所によっては経験的なさまざまな民間療法があったり、
ちょっと驚くさまざまな民間療法などもあったりして実に様々な形の医学が存在しているのです。
今の現代社会の中では、大抵、どこの国でも西洋医学での医療などが通常の医療として
取り入れられています。

西洋医学は、古代ギリシアまで遡りますが、
欧州の伝統医学から近代科学を取り入れながら発展してきたものなのです。
西洋医学は昔からある致命的ともいえる強力な感染症の治療に大きな成果があったこともあり、
各地方で伝えられていた伝統医学をを上回る技術だったため、
結局は西洋医学を導入するといった結果になったのです。

その分、伝統医学などが主でなくなってしまった分、
伝統医学が発展することはなくなってしまったのです。
その一方、伝統医療に関しては、別にしっかりと伝統医療として
受け継がれて残ってくることができたと言うのも事実のようです。
ここ最近では伝統医療に関して改めて良さを見直そうという考えが出てきているようです。
伝統医学と西洋医学では使う薬などが違いがあるのですが、
伝統医療などは主に生薬を使うのですが、西洋医学の場合、
精製した薬効成分を使うと言った違いがあるのです。
中国やインドなどで構築された伝統医学では、生薬は薬効を高める効果があったり、
毒性のあるものを軽減すると言った効果があったりするのです。

ここ最近では伝統医学の良い部分を西洋医学を合わせるといった試みが出てきているようです。
日本の病院でも薬の処方に一部、漢方医学の導入が出てきています。
実際に薬の処方に漢方薬を処方されたことがある人もいると思います。
伝統医学には色々な種類があります。日本では針灸などを含む漢方や韓国では韓医学、
中国に伝わる中医学やチベット医学、インドとその周辺ではアユルベーダがありますし、
アラビア医学、ヨーガなどもあります。ミャンマーではビルマ伝統医学があり、
インドネシアではジャムゥーがあります。
アラブ諸国でもアラビア医学があり、欧州ではホメオパシーやアロマテラピー、
自然療法があります。

アメリカにもインディアン伝統医学やカイロプラクティックと言った具合に
さまざまな伝統医学が存在しているのです。

Comments are closed.