細胞検査士の資格

あまり聞きなれない名前?細胞検査士とはどういう仕事なのか

あまり一般の方々は聞きなれない名前だと感じると思いますが、みなさんは細胞検査士という仕事をご存知でしょうか。
細胞検査士は細胞の病理検査を専門に行うスペシャリストで、細胞について非常に深い知識を持っています。

細胞病理検査というのは、医師が採取した細胞を顕微鏡で観察し、異変のある細胞があるかどうか検査します。
細胞検査士は医師の指示により疑わし細胞を検査によって見つける仕事となりますので、この検査は性格に緻密に行われる必要があります。

異変のある細胞を見のがすということがあれば、人の命を危険にさらすことにもつながりますので、専門的な知識、技術、また正確な判断をするために、たくさんの細胞を見つめていく実績も必要となってきます。

細胞検査士は病変を発見するスペシャリスト

病院等では臨床検査室、病理検査室などがあり、そこで細胞検査士が活躍しています。
細胞病理検査は医師が採取した細胞の一部を顕微鏡で観察し、異常な細胞を見つけ出す作業です。

これによって癌細胞など異変のある細胞をみつけだし、患者さんがいち早く適切な治療を受けることができます。

癌細胞のほかにも異型細胞(類似細胞)や異型性細胞と呼ばれる前癌病変細胞をみつけることも重要な仕事です。
こうした病変する前に異変のある細胞を緻密な検査によってみつけだし、早期治療を可能としているのです。

この他にも、病理検体を受け付ける業務や、染色や管理、検体の保存、結果の管理など、検査に対する実務をこなすのも細胞検査士の仕事です。

細胞検査士になるためには専門知己を得ることが必須

細胞検査士になるためには、まず臨床検査技師の養成機関で専門知識や技術を学び、その上で臨床検査技師の国家試験に合格し、1年以上の勤務実績を積みます。

1年以上の勤務実績を継続したうえで、細胞検査士という民間資格種痘意を目指します。
こうした資格を取得することで総合病院やがん専門病院、大学病院などのほかに、大学などで研究を行う施設、製薬会社などに就職することもあります。

大学などの研究機関では細胞に関する新しい発見のために働くこともあり、医療分野の進展に係わる事もできる素晴らしい仕事であり、人の命を左右する検査ということに係わる責任の高い仕事でもあります。

学校には臨床検査技師の専門知識を学ぶことができる学校とプラスして、細胞検査技師の養成コースなどがある学校もあります。
最終的に細胞検査技師になりたいと思う方は、こうしたコースがある学校に入学する方が近道かもしれません。

まずは臨床検査技師の資格取得が必要となりますし、実績を積む必要もありますので、最終目的となる細胞検査士を目指して、しっかりとした知識を得ることが必要でしょう。

Comments are closed.