1. >
  2. 医療トピックス

Archive for the ‘医療トピックス’ Category

キレイを目指して病院に行くことは正しい

昨今は、オシャレを目的としたカラーコンタクトが普及していたり、男性女性を問わずエステが人気を集めていたり、美を追求することに余念がないという人も少なくありません。ですが、ファッション業界においては、たびたび専門知識が技術が必要となる医療の分野にまで影響を及ぼし、トラブルに発展することもあります。

▷厳しくなったカラーコンタクト

例えば、2000年代後半において、カラーコンタクトレンズが雑貨として販売されていたことがいい例でしょう。

当時から若い女性に人気があったカラーコンタクトレンズですが、具体的な品質の基準が設けられていなかったことから、粗悪なレンズが量販店で販売されていました。

さらに、使用方法も認知されていなかったことから、カラーコンタクトレンズによって角膜炎や結膜炎といった目の病気を患う人が増えてしまったのです。結果的に、改定された薬事法によって、カラーコンタクトレンズの品質や販売方法が細かく規制されるまでになりました。現代においても、コンタクトレンズを使用する際は、眼科や医師から指導を受けることが望ましいと言えるでしょう。

▷エステの脱毛は危険


脱毛するなら医療脱毛がおすすめの理由|Beauty note

女性から支持を集める脱毛エステにおいても、専門医の不在のもとで行った結果、肌トラブルに見舞われるケースが後をたちません。

実際、エステサロンで使われる脱毛用のレーザーは、法律によって出力が制限されているため、脱毛できるほどの高出力のレーザーは、医師しか扱えないのです。そのため、低出力のレーザーでも除毛こそできますが、毛根までキレイに処理することが難しく、一時的な効果しか得られません。せっかくエステにまで足を運んだのに、肌トラブルを患ってしまったという話もあるほどです。

現代でも、病院でしか高出力のレーザーは扱えないため、完全な形で脱毛したいのであれば、皮膚科のような専門医を訪ねるのが一番と言えるでしょう。医療行為で脱毛を行えるクリニックは多く、料金区分も様々であるため、注意が必要です。

初めから病院に行く事で回避できる

先に挙げたのは、初めから病院に行って処置をすることで回避できた話ばかりです。

どのような病気、どのような治療行為でも、専門で処置をしてくれるクリニックが存在するのであれば、まずはそちらに足を運ぶほうが賢明です。キレイを目指して病院に行くというのは、リスクを避けるという意味では正解と言えるでしょう。