タバコは病院で止める

タバコはなぜ止められない?

タバコってそうして止められないのでしょうか。
止められない原因というのは、脳の病気になってしまっているのです。

タバコの煙には有害物質のニコチンが含まれており、煙を吸い込むと、脳内にあるニコチンを感知する場所があり、そこにニコチンがくっつくと、ドパミンが分泌されて気持ちよくなったり、おいしいと感じてしまうのです。
なので、タバコが止められないのです。

さらに、ニコチン依存症に陥ってしまっているのです。
今まででこのようなことはありませんでしたか?
・朝起きるとタバコが吸いたくなる
・タバコが切れると買いに行きたくなる
・職場が禁煙になると困る
など、あてはまりますか?

1つでもあてはまると、ニコチン依存症の疑いがあります。

このような状態から禁煙を成功させるにはどうすれば良いのでしょうか。

禁煙を目指そう

近年では、健康保険が適用される禁煙治療が増えています。
禁煙外来と呼ばれており、1万件以上の病院に開設されています。
なので、禁煙したいのにできないという方は、禁煙外来を受診することをおすすめします。

しかし、喫煙者全員が適用されるのではなく、問診で基準を満たした人が健康保険の適用がされるのです。
禁煙治療は12週で5回行います。
初回は、
・ニコチン依存度チェック
・一酸化炭素濃度の測定
・「禁煙開始日」の設定および、禁煙宣言
・禁煙経験の確認とアドバイス
・禁煙補助薬の選択
を行います。

2~4回目は、
・一酸化炭素の測定
・禁煙のアドバイス
を行います。

5回目になると、禁煙治療の終了となります。
この際、禁煙を続けていく不安などあれば先生に相談しましょう。

このように3ヶ月かけて禁煙治療を行なっていきます。

タバコを止めるメリット

タバコを止めるメリットはたくさんあります。

金銭面に関しては、禁煙外来を受診している間の治療費は同じ期間に1日1箱吸い続けるよりも約1万円安いのです。
さらに、タバコを止めると貯金ができます。
タバコを1日1箱吸っていた人が1年で貯められる金額はなんと、15万円なのです。
その分家族との旅行や車の購入などに充てることができます。

健康面に関しては、
・呼吸が楽になる
・肌の調子がよくなった
・衣服や部屋がタバコ臭くなくなった
・肩こりがなくなった
などメリットがあります。

さらに家族がいる方は、
受動喫煙でパートナーや子どもを肺がんになるリスクを抑えることができるのです。
あなたがタバコを止めることによって、長生きできるのです。

禁煙を考えている方はぜひチャレンジしてみてください。

Comments are closed.