放射線技師

放射線技師とは

放射線技師とは、医師や歯科医師の指示のもとで、診察・治療のための放射線を取り扱う資格を持ったスペシャリストです。
近年では、予防医療への期待も高まり、放射線の需要が高まっており、それを扱う放射線技師の需要も高まっています。

一般的なレントゲンを撮影する人という印象がありますが、レントゲンだけではなく、CTや超音波診断も行います。

将来は医療現場以外の産業界でも活躍が期待できるとされています。
産業分野でも放射線の利用が増えており、放射線の照射や安全管理など、専門知識を持っている技術者である、
診療放射線技術者の活躍の場は広がっていくでしょう。

放射線技師の仕事

一般的なレントゲンやCT、MRI、PETなどのさまざまな撮影機械を使って病気の診断に必要な画像を撮影したり、がん細胞の破壊するための放射線治療を行っています。
診断や治療にどれくらい役立つものになるかというのは、放射線技師の腕にかかっているのです。

放射線は本来、人体に影響を及ぼすものですが、治療に役立てることができるのです。
そのため、いかに安全で的確に放射線を当てられるかどうかが求められます。

放射線技師の仕事において大変なことは、チーム医療として高い能力が必要となるので、かなりの努力と時間が不可欠になるということです。
患者さんをスムーズに、且つ正確に撮影しなければならないため、日々向上心を持って自分の撮影の腕を磨き続けなければなりません。
今までは、ただ撮影ができればよいといった時代でしたが、現在は、放射線技師も診断ができるくらいのレベルが求められているのです。
そのため、かなりの努力と時間が必要となっているのです。

医療において、放射線技能師も非常に大事なのです。

必要なスキルや能力

放射線技師の資格は国家資格です。
そのため、医学、理工学、生物学の知識から、放射線医療の専門技術まで幅広い分野を学ばなければなりません。
資格を取得するためには、大学か短期大学または、診療放射線技師養成所(3年以上)で学ぶことでまず受験資格を得られるのです。
それから試験勉強をして合格したら、晴れて放射線技師になれるのです。

必要な能力としては、責任感の強さ、業務を正確さが求められます。
使い方を間違えると人体に影響を及ぼしてしまいます。
ですので、そのような機械を扱うという責任感と正確さが求められるのです。
また、機械はどんどん進化していくので、その知識を取り入れる柔軟性が求められます。

Comments are closed.