助産師

新しい生命の誕生に携わる仕事

助産師は、妊娠、出産、産褥、育児において、必要なケアを行ったり、アドバイスをしたりする職業です。
新しい生命の誕生に関われる、とても尊い仕事と言えるでしょう。
昔から「お産婆さん」として活躍してきた、女性ならではの職業で、海外では男性の助産師も存在しますが、日本では女性しかなることができません。

助産師の主な仕事は、出産時の介助をして赤ちゃんを取り上げることですが、実はそれだけではありません。
妊婦が健康な妊娠生活を送れるように検診を行ったり、また、母親としての自覚を持てるように、母親学級などで講師を務めたりして、指導していきます。
近年では、核家族化が進み、たった1人で妊娠や出産、育児を行わなければならない女性が増えており、とても心細い思いをしたり、育児ノイローゼになってしまうケースが多くなっていますが、助産師はそのようなことにならないように、妊婦や出産したばかりの女性の心のケアも行っていきます。

助産師は、新しい生命の誕生に関われるとても遣り甲斐のある仕事です。
赤ちゃんが生まれてくる瞬間は、とても感動的でしょう。
しかし、順調に生まれて来る赤ちゃんばかりではなく、中には流産してしまったり、死産だったりと、残念な事態が起こる場合もあります。
助産師は、そのような時にも、しっかりと患者を支えなければなりませんので、精神的に強くなければなりません。
妊婦を励ましたり、勇気づけたりする必要がありますので、人とのコミュニケーション能力が必要となります。
また、出産では何が起こるかわかりませんので、素早く判断する力、決断する力も必要となってくるでしょう。

助産師として働くには

助産師になるには、まずは看護師の国家試験に合格し、看護師の資格を取得しなければなりません。
それから、専門の養成所で必要な技術や知識を学び、助産師の国家資格に合格すれば資格を取得することができます。
ただし、4年制大学で看護学科や看護学を専攻し、卒業すると、看護師と助産師の受験資格を得ることができますので、短期間で資格を取得することが可能です。

助産師の資格を取得すると、独立して助産院を開院することも可能ですので、女性が一生涯やり続けられる仕事です。
人に感謝されることが多く、遣り甲斐もあることでしょう。
最近は、アットホームなところが見直されて、助産院で出産する女性が多くなっていますし、展望も明るいと言えます。
もちろん、産婦人科に勤務することも可能ですので、就職に困るということはありません。
看護師の免許もあるので高収入が見込まれます。
さらに、公務員試験に合格すれば、地域の保健所などでも勤務することもできますので、とても安定している職業と言えるでしょう。

Comments are closed.