義肢装具士

義肢装具士の仕事について

義肢装具士は、病気やケガで足や腕がない人のために、義足や義手を作る職業です。
主に義肢装具を制作している制作会社に勤務するのが一般的です。
そのほかに、義肢装具の部品メーカーや病院のリハビリセンターなどで働く人もいます。

義肢装具士は、義足や義手を作るだけではなく、患者に直接会って、寸法を測ったり、実際に使用してもらって、その具合によって調節を行ったりして、できるだけ快適に義足や義手を使ってもらえるように心配りを行う必要があります。
義足や義手を使用する人は、足や手を失ったことで、心に傷を負っていることが多いので、相手を思いやる、優しい心をもっていなければならないでしょう。

また、義足や義手を快適に使用してもらうには、高性能なものを作らなければなりません。
そのため、義肢装具士には義足や義手を作る高い技術も求められます。
義足や義手は、年々進歩していて、素材や形状も変わってきていますので、良い義足や義手を制作するには、常に研究心を持つことも必要となってくるでしょう。
それと、患者に合わせて義足や義手を制作する必要があるため、義足や義手を制作する技術や知識のほかに、医学の知識や、リハビリの知識なども必要になってきます。

義肢装具士は、このように様々なスキルが要求される大変な仕事です。
しかし、作る義足や義手のおかげで、何不自由なく日常生活を送れている人たちはたくさんいます。
義肢装具士はそんな人たちに感謝される尊い仕事と言えるでしょう。

義肢装具士として働くには

義肢装具士として働くには国家試験に合格する必要があります。
国家試験に合格するには、専門学校や大学などで専門の知識や技術を習得しなければなりません。
そのためには、専門学校で3年以上、大学で指定科目を1年以上履修した後、義肢装具士養成所で2年以上学ぶ必要があります。
その後に義肢装具士の国家試験の受験資格を得ることができ、合格すれば、晴れて、義肢装具士となることができます。

義肢装具士は、人を助けるとても尊い仕事ではありますが、まだまだ有資格者は少なく、深刻な人手不足です。
今後もその状況は続くようです。
そのため、ニーズが高いので、就職に困ることはありません。
将来は独立して、義肢装具製作会社を経営することも可能です。
物を作ったり、人を助ける仕事がしたいと思っている人にはおすすめです。

手が器用な人は、それだけ高い技術を身につけやすいので、義肢装具士に向いています。
義肢装具士は、自分の特技を仕事に活かせる職業なのです。
有資格者が少なく、医療系の仕事になります.ので、高収入が見込めるのも義肢装具士の魅力の1つと言えるでしょう。

Comments are closed.