糖尿病の食事療法はどのような内容なのか

食事療法という言葉を良く聞いたことがあると思います。
食事療法はさまざまな病気や症状にあわせて病気の治療を目的としたり、病気の症状を改善、
保護したりして健康管理が出来る用にといった目的などがあるのです。
この食事療法の代表格としてはやはり糖尿病が出てきます。
糖尿病の食事療法の目的が程よい標準体重を維持できるようにすることと、
インスリン作用の不足の解消をするためです。

大まかなポイントとしては、4つあります。
まず、1つ目は摂取カロリーを守ること。
これはカロリーの過剰摂取と言うのは結果的にインスリンがたくさん出て
血糖値も上がってしまうと言う点があるのです。
消化器に負担がかかってきてしまうと言うことがあります。
最初に野菜類を食べていくようにするとある程度、
血糖値の上昇を防ぐことが出来る状態になります。
そして、カロリーオーバーによる太りすぎはインスリンの効果もあまり無くなってしまいます。

次に必要なポイント、2つ目はしっかりと食べ物、調味料などを計量することです。
大体の目安で図ると、大抵はオーバーしてしまうケースが多いからという理由と、
濃い味が良いという人の場合、かなり感覚も狂ってくるからです。
醤油や塩分、糖分などはしっかりと計って利用することが必要です。

3つ目は食品交換表を利用して献立に使うことです。
これは意外に重要で自分としてはそれほど味が濃くないだろうと思っていたり、糖分、脂質、
カロリーが無いだろうと思っているものでも意外な成分が入っているケースもあるからです。
食品交換表を利用して食べるものに関してどのくらい使用してよいのか、
といったことを考えつつ食べ物の把握をしていくと良いです。

4つ目としては規則正しい食生活をすることです。
これが意外に出来そうで難しいところでもあるかもしれません。
自分がどのくらいを食べてよいのか、生活強度が中程度の人で
標準体重1キロ当たり25キロカロリーから30キロカロリーです。
自分の身長からBMI値を計算して標準体重を割り出し、どのくらいのカロリーを摂取してよいのか、
計算することから始まります。
そして、各食料の分類からどんなものをどのくらい食べてよいのか、
把握して食事の計算、献立を立てていくのです。
糖尿病の食事療法のときは基本的に酒類、嗜好品類などのお菓子は原則禁止と考えましょう。
食事のポイントとしては腹八分目にすることと、食品の種類を多くとるようにすること、
食物繊維を多めにとるようにし、脂肪分を控えたメニューにすること、
良く噛んで食べるようにして食べるようにします。
食事療法の中には糖質制限食というものもあるようです。
これらは糖質を抑えた食事になるのですが、
これらの場合、血糖値を下げるのには有効なのですが、かといって脂質やたんぱく質からの
エネルギー摂取と言う形で偏っていくと腎機能に負担がかかってくると言う事例もありますので、
食事療法をする際にはしっかりと医師からの指導を受けて質問などをしたうえで
始めるようにしましょう。

Comments are closed.