代替治療として注目されているビタミン療法

ビタミンのサプリメント

ここ最近、代替医療の一つとしてビタミン療法という言葉が注目されています。
ビタミン療法とは、高濃度ビタミンC点滴療法というものが有名です。高濃度ビタミンC点滴療法とは近年、アンチエイジングとして注目されている方法なのですが、ここ最近ではガンの治療法として有名になっているのです。

ビタミンCの働き

ビタミンCというものはビタミンC自体が酸化されることで強い抗酸化作用を発揮します。
抗酸化作用が発生した時にものすごい量の過酸化水素が発生するのです。別の例で説明すると血中に投与された時、正常な細胞は過酸化水素を中和できるのですが、ガン細胞はこのビタミンCを中和できないで死滅してしまうのだそうです。
この高濃度のビタミンCという存在はガン細胞にとっては抗ガン剤のような働きをしてくれる事にもなるのです。

こういった働きは、がんだけではなくウィルスなどによる感染症治療に対しても効果を発揮するという事が分かっているようです。
この高濃度ビタミンC点滴療法は、通常の抗ガン剤ですと副作用がありますが、抗がん剤と違って副作用がないという部分がメリットでもあります。

ガン細胞に対しての攻撃力が高いため、がんの治療だけではなく、ガンによる手術後の再発防止に利用されたり、ガンの補助療法として、色々な機関で研究が進められている、最先端のガン治療法になるのです。

もともとビタミンCの働きとしては抗酸化作用の働きで細胞のがん化を防ぐ効果や、抗がん剤や放射線治療の副作用を軽減しつつ、治療効果を増強する働きもあります。
そして白血球やマクロファージの機能を高める効果があるので免疫機能が増強します。
抗がん活性をもっているインターフェロンの産生を促す働きもあります。他にも発がん物質を解毒て排泄する働きや。胃がんの原因を防ぐ効果があったり、ウィルス自体も不活性化させるといった働きがあります。

ビタミンCの効果

ビタミンCの点滴によって素晴らしい効果が出てくるということです。高濃度ビタミンC点滴療法点滴内容は症状によって調合内容が変わるみたいです。
一部の例ですとビタミンCや各種ビタミン、ミネラル類、アルファ・リポ酸などを調合したりして高濃度ビタミンCの点滴溶液を作って点滴したりするという内容です。
これらの点滴の回数も大体週に1回から2回ぐらいの点滴になります。この点滴の治療法というのは患者の病状に合わせて薬剤を配合することになりますので、点滴や統合に関する深い知識が必要ともいわれています。

アメリカではすでに色々ながんでの治療効果が報告されており、高濃度ビタミンC点滴療法はがん治療の主流になってきているようです。
すでに、日本国内でもこれらの高濃度ビタミンC点滴療法を利用してがん治療を行っている病院などもありますので、代替治療を希望する人などは問い合わせをしてみると詳しく話を聞くことが出来ると思います。
ですが、保険適用外ですので費用がかかるので費用面を含め問い合わせてみる必要があります。