注目されている免疫医療

免疫療法

免疫療法とは

免疫療法という言葉を聞いたことがある人もいると思います。
ここ最近、この免疫療法という言葉が浸透してきているのですが免疫療法とは、元々、人間が持っている免疫力、つまり自然治癒力を強くして病気を治していくという療法になります。
わかりやすいのは風邪をひかないように事前にブロックしてくれたり、風邪をひいてしまっても風邪のウイルスと闘って体を元の健康な状態に戻してくれようとしている働きをしてくれています。
方法は色々とありますが白血球を活性化させて悪いウイルスなどやガン細胞といった異物などを白血球に識別させる力を上げて免疫機能を活性化させます。

こういった白血球による悪いものを攻撃したり排除させる療法をまとめて免疫療法と呼んでいます。
自然免疫や獲得免疫を利用する免疫療法や白血球や抗体を利用する免疫療法、そしてガン細胞を攻撃する白血球や抗体を身体の中に増やす方法の免疫療法といった方法があります。
主に云われているのはガンの免疫療法だと思います。元々、体の中では実は常にガン細胞が誕生しています。通常の人で大体毎日三千個ぐらいのガン細胞の元が出ているのだそうです。
通常、ガン細胞を排除する免疫力が働いていれば、どんどん体から排除されていき、ガンになることはないといわれています。

ですが、ガンの増殖が排除を上回った時に、ガンが発症してしまいます。
この出来てしまったガンを免疫細胞の力で排除するためには、免疫細胞の働きを何らかの方法で強めて、免疫細胞が強くなるように傾けてやらなければなりません。この方法が、ガンの免疫療法です。

副作用が少ないといわれている

がんの治療方法としては手術療法と化学療法、そして放射線療法です。ですが、これらの治療方法は、副作用も強いのです。
特に放射線療法や抗がん剤などは、免疫細胞も一緒に殺してしまうのでとても体力、免疫力が落ちていってしまうのです。
なので副作用も体力の減少も少ない免疫療法が注目されています。人間は本来、病気やけがに対して自分で治そうとする自然治癒力がありますので、これらの治癒力のおかげでがんをはじめ他の病気も回復することも出来ているのです。免疫療法の種類としては、健康食品による免疫療法があり、トランスファーファクターや、アガリクス、プロポリス、キノコ類、蜂蜜類、ハーブ類等色々とあります。

心理療法による免疫療法などもあり、主にイメージ療法やサイモントン療法などがあります。
他にも免疫賦活剤による免疫療法やサイトカインによる免疫療法、抗体などを使った免疫療法、がんワクチンなどによる免疫療法。自律神経免疫療法、免疫細胞による免疫療法などさまざまな免疫療法が存在します。

もちろん、代替医療なのでどの免疫療法を実施するのかというのは悩むところではありますが、しっかりと検討して試してみる価値はあります。
免疫を上げてがんをはじめ他の病気なども治すことが出来るという点、副作用も少なく出来る方法もありますので、最近、注目されているのも納得できます。

患者さんの心身のことを考えた病院で働きたいと思っている看護師さんがおられたら、ナース人材バンクも参考にしてみて下さい。
最先端の治療だけが医療じゃない!と免疫医療を取り入れている病院もあるようです。