歯科助手

歯科医院で欠かせない存在の歯科助手

歯科助手は、歯科医院に勤めて歯科医師や歯科衛生士の治療のサポートをすることが主な仕事です。
治療を準備を整えたり、患者の世話をしたり、カルテをはじめとする書類を作成したりなど、歯科医院の雑務を行います。
歯科助手が完璧な準備を行うことで、歯科医師は初めてスムーズに治療ができるわけですから、歯科助手は歯科医院には無くてはならない存在です。

ですから、歯科助手にはこまめに動くことが好きな人や、几帳面な人が向いていると言えるでしょう。
会計業務を行わなければならないことも多いので、正確さも求められます。
また、歯科医師よりも患者と接することが多いので、コミュニケーション能力も必要でしょう。
歯医者が嫌いな人も多いですが、そんな人たちの不安を取り除くのも歯科助手の役目です。

近年では、歯科医院が乱立していて、歯科助手の仕事もそれほど需要が高くないのではないかという懸念の声を耳にしますが、高齢化社会に合わせて、訪問歯科治療を行ったり、口腔ケアを専門に行う歯科医師が増加しています。
歯科医が治療を行うためには、必ず歯科助手が必要となりますので、需要が減っているというわけではないようです。
また、ホワイトニングやインプラントといった治療を行う審美歯科がとても人気で増加しています。
歯科助手になっても仕事はないのではないかという心配はする必要がないでしょう。

歯科助手になるには

歯科助手として働くのに、資格がどうしても必要というわけではありません。
素人でも歯科助手として働くことが可能です。
求人でも「初心者可」という表示があるほどです。
しかし、専門の学校で必要な知識や技術を学んでから歯科助手として働くのが一般的です。

歯科助手の知識や技術が学べる学校は、大学をはじめ短期大学や専門学校など、色々あります。
そのような学校医で学んで、歯科助手の民間資格が存在していますので、取得しておくと良いでしょう。
歯科助手の民間資格は通信教育を利用しても取得することができます。

歯科助手は、歯科衛生士と比較すると、行えることが限定され、歯石を取ったり、あついははみがき指導をしたりといった行為を行うことができません。
そのため、収入も歯科衛生士と比較すると低いです。
特別な資格がなくても働けるので、歯科助手には楽になることができますが、どうしても歯科医院で働きたいと思うなら、思い切って歯科衛生士を目指した方が、国家資格なので良いかもしれません。
歯科衛生士になるには、専門の学校できちんと学び、国家試験を受けなければなりませんので、早めに決断するようにしましょう。
自分がどちらに向いているのか、どちらの方が遣り甲斐があるのか、よく考えてみてください。