イボを改善する民間療法

いぼの治療にはどのような治療があるのか

顔、首、ひざなど、色々な個所にできることがあるいぼに悩む方も多いです。
顔にできるとお化粧しても隠すことができませんし、大きくなってくるとかなり目立ちますので、特に女性がいぼを持っている場合、何とかして取りたいと考えるでしょう。

病院でのいぼの治療にはいくつかの種類があり、一つはレーザーによる治療、また液体窒素による治療、さらに内服薬による治療もあります。
美容外科、皮膚科などでも液体窒素の治療だけが保険適用とされていましたが、現在は一部レーザーによる治療や注射による治療など、保険適用となっています。
いぼに悩む方は、一度専門医にどのような保険適用治療ができるか、相談されてみるといいでしょう。

ただいぼにはたくさんの種類があり、元になるウイルスなどにも種類によって違いがあります。
いぼが出来た場合には、皮膚科の専門医に相談することが求められますし、美容外科などで治療してもいいと思います。

美容外科の場合、しわやたるみとり、また美肌にしてくれる効果の高い治療なども一緒に受けることができるので、お肌全体を美しくしたいという場合には、皮膚科よりも美容外科の方ができる範囲も広がると思います。

市販されているいぼの治療薬

いぼの治療については病院で行うほか、市販薬も販売されています。
皮膚病変としては一般的なものなので、最近は貼るタイプの市販薬や塗るタイプ、内服するお薬も利用できるようになっています。

市販薬の塗るタイプ、貼るタイプについては、サルチル酸を含んだものが一般的で、皮膚の角質を柔らかくさせて、いぼを除去するというものです。
内服薬の場合、通常ヨクイニンという漢方成分がふくまれたものが利用されています。

ただいぼは種類がいろいろあるので、どのお薬が最も効果を発揮してくれるのか、いぼの種類によって変えることも必要となってくるので、市販薬を利用して改善しない時には、皮膚科や美容外科などの専門医に相談する方がいいでしょう。

いぼの治療にも民間治療がある

いぼについても民間治療が多数あり、古くからいぼの治療として利用されてきました。
ひまし油と重曹を混ぜていぼに塗るとだんだん小さくなり、いぼがとれるという方法、さらに杏仁(きょうにん)オイルを利用するという方法もあります。

またイチジクの実、葉を絞った汁をいぼに塗っておくと固くなって黒くなり、ぽろっと取れるともいわれています。
はとむぎ茶を飲むことで、いぼが小さくなるというのは、ヨクイニンという成分を抽出するもとがはとむぎなので、継続的に利用すると効果が出るということのようです。

しかしこうした療法はあくまでも民間療法ですし、いぼは種類が多く、効果があるもの、ないものなどが出てくると思います。
そのため、こうした療法、また市販薬を利用して完治しないものは、やはり病院で専門的治療を受ける方がいいでしょう。