医療事務の資格

医療事務の仕事内容

医療事務や病院やクリニック、診療所なので、事務を行う職業です。
医療事務は一般的な事務と異なり、医療の知識が必要なため、区別されて医療事務と呼ばれています。
そのため、一般の事務職と比較したら、収入も高めなので、人気のある職業です。

医療事務の仕事は、事務を行う他に、患者の受付や応対、カルテの整理、医師のスケジュール管理などを行います。
一般的の事務職と異なり、人と接することが多いので、事務能力の他に、コミュニケーション能力も必要とされます。
また、患者の受付や応対を行う場合は、病院の顔となる存在となるので、言葉使いなどにも注意する必要があるでしょう。

医療事務の最も重要な仕事は、レセプトの作成業務です。
レセプトとは、診療報酬明細書のことです。
健康保険を適用する特殊な計算法になりますので、レセプトの作成業務を行うには、専門の知識が必要となります。
また、レセプトを作成するには、医師が作成したカルテを理解する必要があり、医療の知識も必要です。
大きな病院では、事務員も大勢いますので、仕事は分担化されますが、小さな病院で勤務する場合、事務員が1人ということもありますので、全ての業務をこなせなければならず、かなりハードな仕事となります。

医療事務の資格を取得するには

医療事務を行うのに、特別な資格は必要ありません。
大学などを卒業して、医療事務をしたことがない人でも、病院などに就職して、働きながら学ぶ人も多いです。
しかし、レセプトの作成業務を行わなければなりませんので、医療事務の勉強をして、認定試験を受けておくと、就職に有利になるでしょう。

医療事務の認定試験には、診療報酬請求事務能力認定試験や、メディカルクラークとも呼ばれる医療事務技能審査試験、医療保険調剤報酬事務士などがあります。
一部の大学には、医療事務について学べるところもあるようですが、専門学校や通信教育で学ぶ人が多いようです。
レセプト作成業務を行うには、専門用語が多く使用されるので、それについてもきちんと勉強する必要があります。

医療事務の方法を学んでおけば、就職で有利であるだけではなく、女性の場合、出産や育児のために仕事を辞めても、復帰しやすいというメリットがあります。
医療事務のアウトソーシングの会社に登録すれば、育児をしながら、自宅で仕事を行うことも可能です。

ただし、医療現場は絶えず変化していて、医療費も年々上昇しています。
そのため、レセプト作成法も少しずつ変更が加えられていますので、常に勉強心を持つことが大切です。
レセプト作成は、正確に計算する必要があり、ミスは許されません。
さらに、スピードも要求されますので、効率よく仕事ができるように、レセプト作成法はしっかりと頭に入れておく必要があるでしょう。